脳腫瘍診療ガイドライン
成人膠芽腫・成人転移性脳腫瘍・中枢神経系原発悪性リンパ腫 2016年度版
◎編集:特定非営利活動法人日本脳腫瘍学会   ◎監修:一般社団法人日本脳神経外科学会
第1版 序
 日本癌治療学会がん診療ガイドライン「脳腫瘍」は,一般社団法人日本脳神経外科学会から特定非営利活動法人日本脳腫瘍学会にその作成が委託され,悪性脳腫瘍に関する診療ガイドラインを作成するに至りました。平成23 年5 月に広島大学杉山一彦教授を委員長とし,日本脳腫瘍学会理事を中心にガイドライン委員会が組織され,第1 回の会合がもたれました。原発性脳腫瘍は,140 種類以上の組織に細分され,それぞれの発生頻度が低いため,治療に関するエビデンスが乏しいと言えます。そこでまず,脳腫瘍のなかでも比較的発生頻度が高く,ある程度のエビデンスが蓄積されている成人膠芽腫,成人転移性脳腫瘍,中枢神経系原発悪性リンパ腫の3 腫瘍についてガイドライン作成が始められました。
 現時点でのエビデンスとなり得る論文をもとに,clinical question に対する回答を作成し,すべての項目についてガイドライン委員全員による査読が行われました。さらに必要に応じて,腫瘍内科,放射線治療科の専門医の先生方のご助言をいただき,最終的には日本脳神経外科学会,日本癌治療学会の承認を得て,刊行するに至りました。
 前述の如く,エビデンスの少ない領域ではありますが,現時点で実臨床に即したガイドラインと成り得たものと思われます。今後,適宜改訂を進めるとともに,比較的発生頻度の高い脳腫瘍から順次追加していく予定であります。
 本ガイドライン作成に携わられた委員の先生方のご努力に感謝致します。  
平成28年6月
特定非営利活動法人日本脳腫瘍学会
前理事長 渋井壮一郎
目  次
脳腫瘍診療ガイドライン2016 年版の公開にあたって
略語一覧
成人膠芽腫
  総論 総 論
  CQ1 成人初発膠芽腫に対する手術療法はどのような意義があるか?
  CQ2 成人初発膠芽腫に対する放射線治療はどのような意義があるか?
  CQ3 成人初発膠芽腫に対する化学療法の種類と意義はどのようなものがあるか?
  CQ4 成人再発膠芽腫に対する治療はどのように行うか?
  CQ5 高齢者初発膠芽腫に対して手術後どのような治療が推奨されるか?
成人転移性脳腫瘍
  総論 総 論
  CQ1-a 単発あるいは少数個の転移性脳腫瘍の治療はどう選択するのか?
  CQ1-b 多数個の転移性脳腫瘍の治療はどう選択するのか?
  CQ2 転移性脳腫瘍の治療において薬物療法(分子標的治療薬を含む)はどう選択するのか?
  CQ3 再発の転移性脳腫瘍の治療はどう選択するのか?
  CQ4 髄膜がん腫症に対する治療はどう選択するのか?
  CQ5 頭蓋骨転移に対する治療はどう選択するのか?
  CQ6 転移性脳腫瘍に対するステロイドや浸透圧利尿薬はどう使用するのか?
  CQ7 転移性脳腫瘍に対する抗てんかん薬はどう使用するのか?
中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)
  総論 総 論
  CQ1 PCNSLの診療における手術療法の位置づけは?
  CQ2-a PCNSLに対して診断確定前にステロイド療法は施行すべきか?
  CQ2-b PCNSLに対する診断確定後のステロイド療法の位置づけは?
  CQ3 PCNSLに対してどのような治療が推奨されるか?
  CQ4 高齢者PCNSLに対してどのような治療が推奨されるか?
  CQ5 PCNSLに対する放射線治療ではどのような照射野と照射線量が推奨されるか?
  CQ6 PCNSLに対してどのような化学療法が推奨されるか?
  CQ7 初発PCNSLに対して全脳照射を省略した化学療法単独療法は推奨されるか?
  CQ8 PCNSLに対する抗がん薬の髄注療法は推奨されるか?
  CQ9 PCNSLに対して自家幹細胞移植を伴う大量化学療法は推奨されるか?
  CQ10 PCNSLに対してリツキシマブによる免疫(抗体)療法は推奨されるか?
  CQ11 PCNSLに対して血液脳関門破綻療法を併用した化学療法は推奨されるか?
  CQ12 再発PCNSLに対してどのような治療が推奨されるか?
  CQ13 PCNSLに対して眼科的検査,全身精査は必要か?
  CQ14 眼球内リンパ腫にはどのような治療があるか?
    あとがき

ページトップへ戻る