ログインには、会員登録が必要です。
 旧「星野賞」は、日本脳腫瘍学会の前身である日光脳腫瘍カンファレンスの設立にご尽力され、第1回日本脳腫瘍カンファレンス会長を務められた故星野孝夫先生の御遺志により、先生の私財を基金として設立されました。先生は、California大学San Francisco校(UCSF)の教授として、長年にわたり悪性脳腫瘍のcell kineticsなど脳腫瘍の基礎研究と治療の発展に貢献され、後進の指導にも心血を注がれてきました。

 平成5年(1993年)に第1回星野賞が授与され、以後、計20回にわたり、Neuro-Oncology分野で優れた研究をされた若手研究者に対し贈られております。また、星野先生は本賞受賞者が本学会の活性化に寄与してくれることを強く望んでおられましたことから、受賞者には本学会での表彰式にあわせて受賞講演を行って頂いております。

 この「星野賞」は、基金の関係で第20回をもちまして、その授与を終了いたしました。しかし、本賞が日本脳腫瘍学会における若手研究者に対する最も権威ある賞と認識されてきたことから、星野夫人のお許しを頂き、平成25年から「星野賞」を日本脳腫瘍学会賞として継続させて頂いております。引き続き、多くの先生方からのご応募をお待ちしております。

◆応募要領
1. 募集対象論文・資格等
  1) 脳腫瘍の基礎科学あるいは臨床に関する原著論文を募集する。
  2) 受賞論文は原則として一篇であるが、採点の結果、複数論文が同点一位になった場合には、受賞無しとするか、あるいは複数論文受賞とするかについて、選考委員会および特定非営利活動法人日本脳腫瘍学会(JSNO)理事会によって協議される。
  3) 2014年12月1日以降に出版された論文であること。
  4) 筆頭著者が応募する。
  5) 筆頭著者は、論文がアクセプトされた日に45歳未満であること。
  6) 応募者の国籍は問わないが、日本脳腫瘍学会正会員であること。
  7) 過去に星野賞に応募した論文でないこと。
  8) 過去の星野賞受賞者でないこと。
  9) 過去一年間に全国レベルの賞に応募した論文でないこと。
2. 選考委員:JSNOによって任命され、任期は一年である。今回の応募論文を審査するのは以下の9名である。選考過程・採点結果は公開しない。
予定選考委員(順不同)西川亮(委員長),市村幸一,岡田秀穂,園田順彦,竹島秀雄,田宮 隆,永根基雄,橋本直哉,若林俊彦
3. 賞金等:賞金30万円と副賞を2017年の日本脳腫瘍学会学術集会に於いて授与すると共に,受賞講演を行う。
4. 応募方法
  1) 応募期間:このお知らせがJSNOホームページに発表されてから2017年8月31日(応募書類事務局必着)まで。
  2) 別添応募用紙に記入し、以下の書類と一緒に日本脳腫瘍学会事務局に郵送する。
    ①応募論文の研究が応募者によって行われたことの証明を含む、推薦状一通
    ②研究の独創的な点、および今後この研究をどのように発展させるかという点を含む、日本語要旨
    ③生年月日の記載を含む履歴書
    ④応募論文別冊あるいはPDFを印刷したもの11部
以 上
2017年7月吉日
特定非営利活動法人日本脳腫瘍学会 理事長 西川 亮
星野賞応募用紙は、こちらをダウンロードして下さい。
故星野孝夫教授のプロフィールは、こちらをご参照下さい。
◆星野賞受賞者
第1回西 徹Differential expression of two types of the neurofibromatosis type 1(NF1) gene transcripts related to neuronal differentiation. Oncogene 6:1555-1559, 1991
第2回山崎 俊樹Role of histocompatibility antigen gene and protooncogene expressions in intracerebral tumorigenicity of mouse neuroblastoma. J Neurosurg 78:619-629, 1993
第3回浅井 昭雄The s-Myc protein having the ability to induce apoptosis is selectively cxpressed in rat embryo chondrocytes. Oncogene 9:2345-2352, 1994
第4回近藤 精二Interleukin-1beta-converting enzyme mediates cisplatin-induced apoptosis in malignant glioma cells, Cancer Res 55:6166-6171, 1995
第5回泉本 修一Gene expression of neural cell adhesion molecule L1 in malignant gliomas and biological significance of L1 in glioma invasion. Cancer Res 56:1440-1444,1996
第6回植木 敬介CDKN2/p16 or RB alterations occur in the majority of glioblastomas and are inversely correlated. Cancer Res 56:150-153, 1996
第7回永根 基雄Drug resistance of human glioblastoma cells conferred by a tumor-specific mutant epidermal growth factor receptor through modulation of Bc1-XL and caspase-3-like proteases. Proc Natl Acad Sci, USA 95:5724-5729, 1998
第8回篠浦 伸禎Highly augmented cytopathic effect of a fiber-mutant E1B-defective adenovirus for gene therapy of gliomas. Cancer Res 59:3411-3416, 1999
第9回池田 圭朗Complement depletioon facilitates the infection of multiple brain tumors by an intravascular, replication-conditional herpes simples viru mutant. J Virology 74:4765-4775, 2000
三島 一彦A peptide derived from the non-receptor-binding region of urokinase plasminogen activator inhibits glioblastoma growth and angiogenesis in vivo in combination with cisplatin. Proc Natl Acad Sci,USA 97:8484-8489, 2000
第10回園田 順彦Formation of intracranial tumors by genetically modified human astrocytes defines four pathways critical in the development of human anaplastic astrocytoma. Cancer Res 61:4956-4960, 2001
第11回石内 勝吾Blockage of Ca2+-permeable AMPA receptors suppresses migration and induces apoptosis in human glioblastoma cells. Nature Medicine 8:971-978, 2002
第12回岡田 義文Selection pressures of TP53 mutation and microenvironmental location influence epidermal growth factor receptor gene amplification in human glioblastomas. Cancer Res 63:413-416, 2003
第13回中田 光俊The phosphorylation of EphB2 receptor regulates migration and invasion of human glioma cells. Cancer Research 64;3179-3185, 2004.
第14回該当者なし 
第15回木下 学Noninvasive localized delivery of Herceptin to the mouse brain by MRI-guided focused ultrasound-induced blood-brain barrier disruption. Proc Natl Acad Sci 103:11719-11723, 2006
第16回該当者なし 
第17回黒住 和彦Effect of tumor microenvironment modulation on the efficacy of oncolytic virus therapy. J Natl Cancer Inst 99:1768-1781, 2007
第18回丸本 朋稔Development of a novel mouse glioma model using lentiviral vectors. Nat Med 15:110-116, 2009
第19回武笠 晃丈Mutant EGFR is required for maintenance of glioma growth in vivo, and its ablation leads to escape from receptor dependence. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America107; 2616-2621,2010.
第20回夏目 敦至Girdin maintains the stemness of glioblastoma stem cells. Oncogene 31, 2715-2714, 2012.
第21回有田 英之Upregulating mutations in the TERT promoter commonly occur in adult malignant gliomas and are strongly associated with total 1p19q loss. Acta Neuropathologica,126,267-276,2013
第22回佐藤 篤Glioma-initiating cell elimination by metformin activation of FOXO3 via AMPK. Stem Cell Translational Medicine 1; 811-824, 2012
第23回小澤 達也Most human non-GCIMP glioblastoma subtypes evolve from a common proneural-like precursor glioma.. Cancer cell 26: 288-300, 2014
鈴木 啓道Mutational landscape and clonal architecture in grade II and III gliomas. Nat Genet. 47: 458-468, 2015
第24回立石 健祐 Extreme Vulnerability of IDH1 Mutant Cancers to NAD+ Depletion.Cancer Cell 28; 773-784, 2015
トップページ
脳腫瘍診療ガイドライン
日本脳腫瘍学会事務局
イベント
星野賞
日本脳腫瘍学会 COI
関連情報
リンク
JSNO新規登録
JSNO会員専用ページ
 

ページトップへ戻る